リハビリテーション
実績

Performance

リハビリテーション実績

リハビリ実績

  • 患者1日当たりの
    平均実施時間

    患者1日当たりの平均実施時間

  • アウトカム

    アウトカム

  • 在院日数

    在院日数

  • 在宅復帰率

    在宅復帰率

  • 重症度割合

    重症度割合

  • 看護必要度A

    看護必要度A

  • 重症患者改善率

    重症患者改善率

  • 各項目の説明

    アウトカム

    リハビリテーションの効果を測る指標の一つです。当院を退院された患者さまの入院時と退院時の機能的自立度評価(FIM)を用いて、どのくらい回復したかを点数化し、それに要した入院期間を所定の計算式に当てはめて算出します。厚生労働省は「27」以上を基準としており、実績指数の数値が大きいほど、リハビリテーションの効果が高いと言えます。

    在宅復帰率

    退院患者全体のうち”自宅”や”特養”等へ退院された方の割合

    重症度割合

    患者さまの入院時に評価した日常生活機能評価の指標が一定基準を満たしている割合です。

    看護必要度

    患者さまの入院時に評価した日常生活機能評価の指標が一定基準を満たしている割合です。

病棟別退棟患者数・及びリハビリテーションを要する区分内訳

2018年3月~5月 2階病棟 3階病棟 4階病棟
4月 5月 6月 4月 5月 6月 4月 5月 6月
①当該病棟の退院患者数(名) 16 13 9 15 14 14 12 12 12
在宅復帰率(%) 81.3 84.6 100.0 86.7 85.7 100.0 83.3 75.0 91.7
入院患者の構成内訳 ①当該病棟の1日平均入院患者数(名) 40.4 40.9 40.2 40.4 40.4 39.6 40.3 40.8 39.9
②脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、
脳腫瘍、脳炎、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症、
義肢装着訓練を要する状態又は手術後2か月以内(名)
27.5 24.6 22.0 15.6 15.6 15.2 17.3 18.8 16.4
③大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折の発症、
二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後等2か月以内(名)
9.0 7.8 10.3 16.0 15.7 13.1 11.9 12.5 14.3
④外科手術又は肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、
手術後又は発症後2か月以内(名)
2.3 4.0 4.0 6.4 5.4 5.7 5.6 5.0 5.9
⑤大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、
筋又は靱帯損傷後1か月以内(名)
1.0 1.8 2.5 1.2 1.0 0.8 2.4 2.3 1.1
⑥股関節又は膝関節の置換術後1か月以内(名) 0.6 2.0 1.3 1.1 1.7 2.7 2.0 1.3 1.2
⑦ ②~⑥に準ずるもの(名) 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
⑧小計(②~⑦まで合計):(名) 40.4 40.2 40.1 40.3 39.4 37.5 39.2 39.9 38.9
入院患者の比率(⑧/①)(%) 100.0 98.3 99.8 99.7 97.4 94.6 97.2 97.7 97.5

回復期リハビリテーション病棟における実績指数

  4月 5月 6月
評価者数(名) 30 30 34
FIM実績指数 41.2 39.7 42.0