リハビリについて

Rehabilitation

リハビリについて

回復期リハビリテーション病棟への入院対象患者さま

疾 患 発症から入院までの期間 病棟に入院できる期間
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、
脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、
腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態
2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む
多部位外傷
180日
2 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の
多発骨折の発症後又は手術後の状態
2ヶ月以内 90日
3 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、
手術後または発症後の状態
2ヶ月以内 90日
4 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
5 股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

当院のリハビリテーションについて

リハビリテーションについて

効率的なリハビリテーション

障がいや残された機能は患者さま個々に異なります。当院では、個々に負われた障がいや残された良い機能を丁寧に評価した上で、患者さまに合った個別性の高いリハビリテーションプログラムを作成します。

日常生活・社会生活への適応を目的とした、患者さま参加型の課題反復練習を集中的に行うことにより、患者さまの心身機能・活動能力の回復を最大限に高める支援をします。

リハビリテーションについて

退院後のライフスタイル

段差や階段など、ご自宅の住環境や同居されている方の有無など、一人ひとりの退院後の生活環境、ライフスタイルを配慮した課題解決方法の検討・介入を試みます。

加えて、退院後に閉じこもり・寝たきりにならないよう、散歩や外出など患者さま自身が自信を持って活動的に動けるような動機付け・身体作りを支援します。

リハビリテーションについて

刺激量の多い実践練習

全ての活動に重度の介助が必要な状態であっても、可能な限り立つこと・歩くことなどの刺激量の多い練習を実践します。それにより、脳や神経、筋肉への十分な働きかけを行い、心身機能の活性化を図ります。

介助量が多くても、「安全で」「楽に」「安心して」介助が行えるように、介助方法の提案・指導を行います。

Page Top